W断熱(付加断熱)の逆転結露:ホーミィ

住宅パンフレット集|展示場マップ|住宅の達人|住宅会社/工務店|不動産会社|設計事務所|リフォーム会社 ホーミィTOP 住宅パンフレット集 展示場マップ 住宅の達人 住宅会社/工務店 不動産会社 建築士/設計事務所 リフォーム会社

W断熱(付加断熱)の逆転結露

W断熱(付加断熱)の逆転結露/
日経ホームビルダーに、非常に気になる記事を見つけたので、紹介させていただきます。

昨今、国の施策でもあるZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)推進の流れもあって、ハウスメーカーや工務店各社が、見た目のUA値(外皮平均熱貫流率)を向上させるために、W断熱(内断熱+外断熱)と称した断熱手法を取り入れるケースが見られるようになりました。

昨年、出版した書籍「外断熱が家族を守る」の中でも、W断熱の注意点について、説明していますので、ここでは割愛させていただきますが、今回、宮城でもよく見られる間違った付加断熱の新たな危険性が紹介されていました。

この時期の、施工中の問題といえば、外部がまだ囲われない状態、つまり建て方中に降る雨ということになります。

事前に、予報で分かっていれば、スムーズな対応が可能ですが、突然スコールのように降り出す雨については、対処が困難で、材料が濡れてしまうケースがままあります。

もちろん、木材や合板などの資材は、雨にあたっても、濡れるのは表面だけで、乾燥すれば問題はないのですが、今回のケースでは、木材や床板に加え、基礎内部にも水が溜まり、重大な問題が発生しました。

乾かした後であれば、問題は生じなかったと思いますが、工期の問題なのか、もしくは水蒸気や透湿・結露に対しての認識が不足していたのかは不明ですが、基礎や材料が乾かないうちに、断熱材を充填し、外部の構造用合板と外断熱材を張り、室内側に防湿フイルムを施工してしまったのです。

おそらくは、手抜きとかという認識は、なかったと思うのですが、基礎や材料から、蒸発した水蒸気は、断熱材に吸収されてしまい、7月という時期的なこともあり、外気温とともに壁の中の温度も上昇し、蒸し返しの状態となり、断熱材に含まれた湿気の逃げ場はなく、夜間に建物内が冷やされて、気密フイルムの内側に逆転結露が、発生したというわけです。

調査の結果、壁内部の温度が29℃で湿度が84%だったようでが、その場合の露点温度は26.5℃となるので、夜間から早朝にかけて温度が下がれば必然的に結露が発生するのです。



※ 冬の結露は、ガラス面などの室内側に表れことが多いので、表面結露と言いますが、夏の結露は、逆に裏側に起きる為に逆転結露といいます。

こうした現象は、高気密・高断熱の経験豊富な造り手にとっては、十分予測できることなのですが、理解している業者や職人さんは、まだまだ少なく、実際の現場では、的確な判断が出来ないのも、ある意味仕方ないかと思い読んでいたのですが・・・。

しかし、この現場では、書籍でも指摘している重大な問題があったのです。

それは、水蒸気圧について、正しく理解していない造り手が、間違った断熱材の使い方をしているために、必然的に発生した現象なのです。

通常、内断熱の場合、室内側からの湿気の侵入を防ぐために、防湿フイルムを施工しますが、水蒸気の粒子は10万分の2ミリという微粒子のため、大なり小なり壁体内に侵入し、場合によっては、内部結露を引き起こす要因ともなります。

その為に、侵入した水蒸気を速やかに外部へ逃がす必要があり、構造の外側に防水透湿シートを張るのがこれまでの一般的な施工法です。

しかし、今回の現場は、透湿性の高い木質繊維系の断熱材を充填し、その外側に、逆に透湿性の低いポリスチレンボードを施工したため、断熱材が吸収した水蒸気は、壁の中で逃げ場を無くし、温度の低くなった夜間から早朝にかけ、室温が露点以下となり、防湿フイルムの内側に結露が発生したのです。

宮城県の事例ということもあり、これ以上の説明は控えさせていただきますが、いずれにしても、W断熱(付加断熱)の基本は、充填する断熱材よりも透湿性が高い断熱材を外側に施工することが、最も重要で、こうした間違ったW断熱は、理論的にも、水蒸気が、壁の中でせき止められ、冬場も結露が発生する危険性が高まります。



今回の結露が、どうした経緯で発見されたのかはわかりませんが、内装材を仕上げる前に発見されたのが、不幸中の幸いで、フイルム等をはがし、1か月ほどかけ乾燥してから、工事を再開したようです。

外断熱の場合は、こうした問題はほぼ起こりえないので、まずは安心ですが、もしこのまま内装を施工していたら、近い将来大変なことになっていたかと思うと本当に怖い話です。

そもそも、W断熱は、内外の温度差が30℃も40℃もある北海道の寒冷地から、普及してきた断熱方法で、温度差が20℃〜25℃しかない宮城県では必要がないのです。



ソーラーサーキットの家は、3年後に義務化となる省エネ基準はもとより、ZEH基準も大幅に上回る性能値に加え、確かな断熱施工と気密性によって、計算値以上の性能を発揮する為、これ以上性能をアップさせても、冬の暖かさは変わらず、年間にして、5,000円から10,000程の暖房費が減少するだけで、建築コストを考えればメリットはないのです。



それどころか、逆に、断熱材を内側に付加したのでは、外断熱の最大の利点でもある、通気性を損ない、かえって夏場の熱ごもりにより、エアコンの負荷が高まり、逆に光熱費が上昇し、住み心地や内部結露・耐久性・健康面を考慮しても、意味がないというのが、弊社の考え方です。



大事なのは、見た目の計算値ではなく、計算値どうりの性能が、発揮される確かな断熱施工と気密施工です。



そして、その性能が経年劣化することなく、将来も保持される家なのかどうかという事を考えていただきたいのです。

以上、簡単に説明させていただきましたが、何かご不明な点などございましたら、何なりとお申し付け下さい。

W断熱の注意点については、↓↓↓でも、紹介しておりますので、よろしければお読みください。

http://daitojyutaku.co.jp/log/?l=404674






大東住宅株式会社
「いつまでも強く・いつまでも快適」にをコンセプトに住む人と建物の健康をいつまでも守り、50年後も価値ある家造りを目指します。
大東住宅株式会社/社長ブログ

100 Advertising

すやすや宇宙マット販売セール中

シーツの下に敷くだけで快眠率UP
宇宙技術応用のオールシーズン対応

cosmic-reform.jp

健康枕・健康ふとんの快眠ギフト

肩こりや腰痛でお困りの理由は
枕やマットレスが原因かも・・?

marushime.jp
100円広告

hoomy Ranking

有限会社 山形第一不動産
株式会社 西建
有限会社インテリアウイング
ゴトウ不動産
株式会社 斎藤工務店
有限会社 ミヤカワ企画
樽川技建 株式会社|たるけん│..
株式会社 竹原屋本店
(有)水戸部塗装
やまだ測量登記事務所
有限会社渡辺工建建設
丹尾建築
株式会社 幸信不動産
金内勝彦設計工房
升川建設株式会社ハウス事業部
株式会社 BIRTH HOME
感動ホームズ 株式会社
ハピッシュホーム
升川建設ハウス事業部
アーバンリアルエステート
大東住宅株式会社
登建
大工手塚建築 手塚一級建築士事..
株式会社 米住建設
相田建設株式会社
相田建設株式会社 住宅・リフレ..
有限会社 シャトル
東建設株式会社 一級建築士事務..
有限会社 美・中川工務店
ミズセイホーム | 岩手県矢巾..
丸ト建設株式会社
株式会社Forex/フォレック..
有限会社ベルハウス
有限会社 渡辺建築
蠖綫況設
プラスホーム
進城中央不動産
山形総建有限会社
丸両工務店
株式会社シリウス
ゆうき装業
株式会社 大江電気工事
(有)東住宅産業
海老名建築工房(有)
株式会社サトー住販
株式会社カネソ曽根建業
株式会社祥建設
蠹亰 リニューアル事業部
相田建設株式会社 不動産部門
山京不動産事務所
※記事の新着順に50社まで表示